メール配信システムは極力簡素にすること

メール配信を考えたら考えるべきポイント

近頃は、以前よりも高機能でより多くのことができるメール配信システムが増えてきています。一方で、このような機能がたくさんあるシステムを使いこなせないケースも多くなってきている状況です。
コストの無駄がなく失敗のないメール配信システムを作るためのポイントは三つあります。
まず最初のシステム作成のポイントは、本当に必要な機能を絞り込んだり自社の環境とマッチするか検討したりすることです。しっかりした配信システム導入の計画がなければ、せっかく機能が盛りだくさんなメール配信システムを導入したとしても、それを十分に使いこなすことができません。例えば、メールの配信だけできればいいのか、それとも配信に合わせて適切な広告も表示したいのかなどによってシステムの中身も変わってきます。

配信システムはシンプルにするのがベスト

次のポイントは、メール配信システムを、最近主流になりつつあるMAシステムにするかどうかしっかり検討することです。MAシステムは社内にある顧客データベースなどを利用してマーケティングを考える時などは便利ですが、メールを多数の人に配信する点では料金が高くついてしまったり手間がかかったりします。一方で、メール配信の機能に絞り込めば、費用も安くなり大規模な配信もより簡単に行えます。どちらのシステムにするかを、よく考えてから決めるべきです。
最後のポイントは、できるだけ簡潔でシンプルなメール配信システムを作成するのが良いということです。最近のメール配信のための専用システムは、 MAシステムなどを見れば分かるように多機能で複雑になってきています。しかし、ここで原点に帰って、配信機能に特化することを考えるべきです。そうすれば、配信システムが低料金でかつ使いやすいものになります。