配信効果を分析できる機能

個別メールの分析内容

メール配信システムを導入している企業が多くなってきていますが、メール配信システムには配信効果を分析できる機能もあります。まず、個別メールについては、開封率やクリック率、メールに対するアクションであるコンバージョン率などの計測をリアルタイムに行えます。特に、コンバージョン率は、成果目標を立てることや今後の経営戦略にとって重要となります。また、エラーメールの分析も可能となっています。メールアドレスのドメインが存在しない・メールサイズが上限を超えているため受信できないといった要因別に分析するので、エラーメールの具体的な対応が可能となります。さらに、ECシステムとの連携で、メールからの売上を把握することもできます。

複数メールの分析内容

個別メールだけでなく、複数メールを分析することも可能です。まず、開封率やクリック率、コンバージョン率、メール到達数などをグラフにすることができます。また、曜日別や時間別の効果も測定できるので、メール配信の最適なタイミングを検証することに使えます。もちろん、日別や月別の配信分析も可能なので、分析結果をもとにして長期的な配信計画を立てることもできます。さらに、昨年と今年の同じ時期など、2つの期間における効果を比較できる機能もあります。他にも、メールを受け取った相手のドメイン情報や受信端末をグラフで見ることができるなど、多くの分析機能があるので、メール配信の効果を様々な角度から見直すことが可能となっています。