メール配信は今や企業の販売促進やマーケティング、顧客フォローなどの戦略面で欠かせないシステムになっています。それだけに導入に当たっては失敗しないように気を付けねばなりません。今回はメール配信システムの3つの機能と、導入に際し失敗しない為のポイントをお話ししたいと思います。

メール配信システムの3つの機能

複数のデータベースと連携して配信できる機能

指定日時に自動配信できる機能

配信効果を分析できる機能

メール配信システムの導入に失敗しない為の3つのポイント

メール配信システムは販売促進や顧客フォローなど様々な企業戦略に用いられています。上手く活用すればその企業に大きなメリットをもたらしてくれます。しかし中には、導入しては見たものの十分活用できないという不満の声も有ります。ここでは導入に失敗しない為の3つのポイントを解説します。

メール配信システムは極力簡素にすること

近頃は、以前よりも高機能でより多くのことができるメール配信システムが増えてきています。一方で、このような機能がたくさんあるシステムを使いこなせないケースも多くなってきている状況です。コストの無駄が…

メール配信システムが自社のデータベースで利用可能かどうかしっかり確認すること

メール配信システムの導入では、最初の設定が肝心になります。導入経験がない場合はサービス提供会社に任せることが多いですが、ユーザーの仕様に適った設定でないと後から後悔するものです。例えばメールの場合…

メール配信を解除するには

メール配信が頻繁に来る場合や受信をしたくない場合は、メール本文中にあるサイトのリンク先にアクセスすれば、解除することができます。

配信数の上限が低すぎないか、将来の発展のことも考えて上限に余裕を持たせよう

配信数の上限の低さは不自由さに繋がる

登録者に一瞬で情報を届けられるメール配信のシステムは、スピードの面でメリットがあります。また、メールで購買意欲を刺激することができれば、おすすめする商品を売りやすくなります。ただ、メール配信のシステムを導入するからには、失敗を避けられるようにします。そこで、知っておきたいのは配信数の上限の低さは不自由さに繋がることです。配信数が決まっていると、上限に達してしまった場合は翌月になるまで新たにメールを配信できなくなります。つまり、登録者に知ってもらいたい情報を届けられなくなるので、もったいない時間です。配信できない間に登録を解除されたり、他のメール配信システムに登録したりなど、望んでいない状況になる可能性があります。

余裕のある上限数にしましょう

メール配信システムを利用する場合に負担を抑えたい場合は、配信の上限数が低いプランの利用は選択肢の1つです。しかし、上限数によって配信できない状況を避けるためには、余裕を作ることが大切です。たとえば、普段から上限数に余裕を持たせておけば、突然メール配信を行いたくなった時でも対応できます。余裕を持たせるために上限数に余裕のあるプランを選択すると、料金の負担は大きくなるでしょう。それでも、登録者の満足度を第一に考えるのであれば、料金の負担が少し大きくなることは我慢し、上限数の高いプランを推奨します。ただ、高いと感じるプランを利用し続けるのは大変なので、しっかりと検討したうえで選んだ方が後悔せずに済みます。